モテない男に限って努力をしない件について

BLOG

俺ってモテないんだよねー!と言っている人に限って努力をしていなかったりする。

実際に僕の友人にもこんな感じの人がいるのだけれど「自分はモテない」と言いながら髪型にも服装にもちっとも気を使っていない。肌の手入れなんてもってのほかだ。

縮毛矯正をかければ天パだっていい感じの髪型になるよと言っても一度も試そうともしない。それどころか美容室で髪を切っているのかすら分からない。

ユニクロとかGUでマネキン買いするだけで初対面で引かれない程度の服が手に入るよと言ってもどこで買ったのか分からない変なキャラクターもが描かれた服を着ている。

その癖、彼の口から出てくる言葉は「自分はモテない」「俺は不細工だから」「みんな外見で判断する」というネガティブなものばかり。

確かに不細工はモテない。しかしなぜ努力をしないのかが僕には分からないのだ。

別にモテなくてもいいのなら正直どうでもいいことだと思う。でも彼はモテたいと言うのだ。

よく聞く言葉かもしれないが男女間における恋愛において外見というのは一次試験のようなものなのである。外見が一定の基準に達して初めて内面の検査に進むことができるのだ。

なぜ一次試験に受かる努力をしていないのに二次試験に受かると思っているのだろうか。

スポンサーリンク

最低限の清潔感は必要

清潔感という言葉をご存知だろうか。正直なところ清潔感といっても人によってその基準は曖昧で正確な回答はあり得ないと思っている。

でも1つ確かなことは恋愛をしようと思っているのなら最低限の清潔感というものは必要なのだ。

上でもあげたように髪型に気を使う、服装を整えるなんてものは清潔感の元となる代表的存在だろう。

女性だってボランティアじゃないのだから身なりが整っていない男性と積極的に交際するなんて滅多にないことだからね。

確かに例外はある。イケメンだけど外見に全く気を使っていないだとか、話をしてみたら中身は凄く魅力的なのに何かが欠けてる原石系男子だったりさ。

でもそういう原石系男子ってほんの一握りなんだよね。ほとんどの人は外見がだらしなかったら中身もだらしないと思われる。これは仕方のないことなんだ。

だから恋愛をしたいと思っているのならまず最低限の外見(清潔感)が必要になってくる。

最低限の外見(清潔感)という名の一次試験をクリアして初めて女性からはこの人ともう少し仲良くして見てもいいかな?なんて思われるものなのだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました